会長挨拶

非常のときも看護の力を発揮しましょう

岩手県看護連盟会長 山下キヌ

  看護連盟会員の皆様には、平素のご支援ご協力に心から感謝申し上げます。  

  令和2年は、Nursing Now、看護の力で健康な社会を!フローレンス・ナイチンゲール生誕200年の記念すべき年ですが、昨年末から、新型コロナウイルス感染症が世界中に蔓延し、国内においても、医療看護をはじめ地域経済が危機的状況になっています。

  感染拡大防止のためにマスクの着用・手洗いの励行・各種活動の自粛など、看護職全体が力を合わせて油断せずこの難局を乗り越えて参りましょう。

  看護現場には様々な困難が生じると思いますが、これまでの経験や知見を生かし知恵を絞って安心できる日常を取り戻しましょう。

 日本看護協会福井トシ子会長、日本看護連盟大島敏子会長がコロナ感染対策に関して国に要望書の提出を行っております。看護職の国会議員:参議院高階恵美子議員・石田まさひろ議員、衆議院阿部俊子議員・木村弥生議員も国政でご活躍頂いており、この難局に懸命に取り組んでいただいております。

  看護連盟は、国政や県政の中において、日ごろから看護職の存在の重要性を認識いただき、非常のときでも、安心安全な対応ができる体制づくりを獲得できるよう活動して参ります。看護連盟は現場の声を国政や県政につないで参ります。

  結びに、会員皆様のますますのご健勝とご活躍をお祈りし申し上げます。

▲このページのトップへ